img_02

結婚式での新郎新婦の母親の服装マナー

結婚式の一番の主役はやはり新郎新婦です。
でもその新郎新婦の新しい門出を一番嬉しく思っているのは、その両親、特に母親ではないでしょうか。



結婚式にふさわしい母親の服装は正礼装です。
和服だと黒留袖、昼の式の洋装ならアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスとなります。

黒留袖は結婚式に参列する母親のほとんどが着用している定番の最高礼装です。


合わせる帯も礼装用の袋帯を用います。

黒留袖は会場に招待してるゲストの顔ぶれを選ばない無難な衣装です。昼のアフタヌーンドレスは肌の露出を抑え、スカートの丈も長めが好まれます。


アクセサリーも光るものを避けパールなどを着用します。

夜のイブニングドレスは昼のアフタヌーンドレスとは反対に多少の肌の露出は大丈夫です。
ゴールドやダイヤなどのアクセサリーで華やかに装ってください。

結婚式以外ではなかなか着る機会の無いドレスは自前で用意するのが大変な場合もあります。その際はレンタルもありますので検討してみてください。



また和装もドレスも着付けや髪の毛アレンジ、メイクなど新婦同様に結婚式場美容室のプロに任せたほうが無難です。

式の際の衣装は両家バランスよくコーディネートされたほうが、新郎新婦と両家の親が並ぶことも多く見栄えがします。

写真撮影などでもおさまりがよく感じられます。

新郎新婦を通じてでも事前に話し合いをしておきましょう。

結婚式スルーニアについての情報をお探しの方は必見です。

そして一番大切なことは式の主役は花嫁さんです。
一歩ひいて花嫁さんよりも控えめに装ってください。